統合アーキテクチャによるテレコム イノベーションの実現

マルチクラウドの IT 運用による可視化と制御

マルチクラウドの IT 運用による可視化と制御

Software-Defined Data Center とハイブリッドクラウドにより、ビジネスの俊敏性と運用効率が向上します。

詳細情報 
サービスの俊敏性を実現するクラウドファースト ネットワーク

サービスの俊敏性を実現するクラウドファースト ネットワーク

統合テレコム クラウドにより、コアや RAN から、エッジ、クラウドまで、あらゆるクラウドでカスタマイズ可能なオンデマンド サービスを提供できます。

詳細情報 
ビジネス モデル イノベーションのための次世代サービス

ビジネス モデル イノベーションのための次世代サービス

サービス ポートフォリオを拡大することで、カスタマー エクスペリエンスが向上し、収益が増加します。

詳細情報 

デジタル トランスフォーメーションを通じて成長を実現した通信サービス プロバイダーのお客様事例

vmware-sustainability

責任あるビジネス、将来を見据えたレジリエンス

今日の世界ではすべてが相互につながっており、共存することが不可欠です。人間とこの地球の関係も例外ではありません。これが、VMware の信念です。より良い世界の構築に向けた、VMware の取り組みの詳細をご覧ください。

グローバル インパクト レポートを読む 

エネルギー効率とテレコム ネットワーク

通信ネットワークは世界で最大かつもっとも複雑なネットワークであるとともに、持続可能性への配慮も非常に重要です。

関連するブログを読む 

Tying Telco Together:BT とのインタビュー

Tying Telco Together(「通信事業者の皆様と一体で進めるイノベーション」)は、世界各地のサービス プロバイダーによる変革の成功事例をご紹介するプログラムです。BT の Director of Business Services である Simon Warner 氏との対談では、同社がイノベーション エコシステムとの関係をより強固なものにするためにどのように変革を進めたか、お伺いしました。このインタビューでは、ホスト役を務めた VMware のプロダクト マーケティングおよびソリューション担当部長のスティーブン・スペリシー(Stephen Spellicy)が、VMware のテレコム セールス担当部長キット・ビオール(Kit Beall)を交え、BT の変革の成功について、またどのように新しいパートナー関係を活用して新しいビジネス モデルを推進し、デジタル時代に収益を高めているかについてお聞きしています。

YouTube で全編を視聴する 

ソリューション スポットライト

マルチクラウド ネットワークによる優れた 5G サービスの提供

5G 通信が登場したことで、世界中のあらゆる業界の企業活動が変革されようとしています。これに伴い、統合された最新のマルチクラウド ネットワークを必要とする、高性能でカスタマイズ可能なサービスが求められています。今こそ、VMware 製品と 5G のテレコム クラウドを活用して顧客との関係を再構築するときです。


ビデオを視聴する

5G の詳細情報



RAN の変革によるマルチベンダー イノベーションの促進

5G のメリットを実現するには、クラウドがもたらす俊敏性の向上、イノベーションの促進、コストの削減を活用することが必要です。サービス プロバイダーは、仮想化された RAN を使用して変革をすでに開始しており、幅広いネットワークで効率性を高め、統合型の自動化を実現しています。次のステップは、オープン RAN 導入の推進です。ベストオブ ブリードのサービスとテクノロジーを活用し、マルチベンダーによるエンドツーエンドのネットワークの自動化を実現することが必要になります。


ビデオを視聴する

RAN の詳細情報

インテリジェントなプロバイダー エッジによるサービスのカスタマイズと効率性の向上

5G ネットワークの 3 つの基盤(EMBB、mMTC、URLLC)はすべて、エッジでのパフォーマンスを必要とします。パブリッククラウド、プライベートクラウド、テレコム クラウド内のそれぞれの機能を統合すると、高度なエッジによって水平方向のネットワーク ファブリックを定義できます。このファブリックにより、ユビキタスな制御と一貫性のあるインフラストラクチャ運用管理の機能を備えたインテリジェントなネットワークに、エンドポイントから効率的にアクセスできるようになります。水平型プラットフォームを利用することで、インテリジェントなエッジのニーズに応じてアプリケーションを提供できます。


ベンチマーク レポートを読む

エッジの詳細情報

Vanilla Plus 第 1 四半期レポート

Vanilla Plus の最新号に、VMware のカニズ・マハディ(Kaniz Mahdi)とシェカール・アヤール(Shekar Ayyar)の特集記事が掲載されています。通信サービス プロバイダーが次世代のクラウド リーダーとして活躍できる理由について語っています。ぜひお読みください。

Vanilla Plus を読む 

Lead/Forward eBook

このレポートでは、仮想化の分野における注目の最新トピックの概要や、新型コロナウイルス感染症収束後の世界においてビジネスを推進するためのイノベーション導入と加速に関するインサイトを記載しています。

レポートを読む 

STL Partners が選ぶ 2021 年注目のエッジ企業

VMware は、STL Partners の 2021 年に注目すべき有力エッジ企業に選ばれました。2021 年の VMware の目標と、製品のアップデートをお客様やパートナー様に継続的に提供するための VMware の取り組みについて解説した、STL Partners の記事をお読みください。

 

 詳細を読む   

テクノロジー業界でもっとも影響力のある女性 50 人

アドバンスト テクノロジー担当部長のカニズ・マハディ(Kaniz Mahdi)が、National Diversity & Leadership Conference により、テクノロジー業界でもっとも影響力のある女性 50 人の 1 人に選ばれました。彼女に賛辞を贈るとともに、授賞に対しこの場を借りて御礼申し上げます。

 

 PR を読む   

世界各地の通信サービス プロバイダーで進む VMware 製品の採用

新しいサービスの迅速な提供、運用コストの削減、ソフトウェアベースのマルチクラウド環境に向けた IT のモダナイゼーションに向けて、多くの通信サービス プロバイダー様が VMware 製品を採用されています。

グローバル通信サービス プロバイダーの上位 20 社中 17 社が VMware のソリューションを採用

Omdia CSP Revenue & Capex Tracker(2020 年第 3 四半期)によると、グローバル通信サービス プロバイダーの上位 20 社のうち 17 社が VMware のお客様であり、これは収益および加入者数ベースで見た場合に 85% の市場シェアになります。

 

Omdia の『CSP Revenue & Capex Tracker』(2020 年第 3 四半期)の詳細を読む

市場での評価

通信業界の将来はデジタル化が牽引します。この変革を支援し、俊敏性と相互運用性に優れたネットワークを実現するため、VMware は世界中の重要な業界団体や組織に貢献しています。VMware は、長年にわたるテレコム トランスフォーメーションの経験と、実績が証明する仮想化の専門知識をこれらの組織に提供することで、将来に向けた業界のデジタル化を支援しています。

 

 

オンデマンド イベントと Web セミナー