VMware Edge Compute Stack の発表

ニア エッジおよびファー エッジにおけるエッジネイティブ アプリケーションの構築、実行、管理、接続、保護を支援するソリューションをご紹介します。

VMworld 2021 を最大限に活用

クラウド ジャーニーの加速とキャリア アップに必要なイノベーション、情報、トレーニングの機会を存分にご活用ください。

統合アーキテクチャで通信事業者のイノベーションを実現

マルチクラウドの IT 運用による可視化と制御

Software-Defined Data Center とハイブリッドクラウドにより、ビジネスの俊敏性と運用効率が向上します。

サービスの俊敏性を実現するクラウドファースト ネットワーク

コアや RAN から、エッジ、クラウドまで、統合されたテレコム クラウドを使用して、カスタマイズ可能なオンデマンド サービスを提供できます。

次世代サービスでビジネス モデルの革新を

サービス ポートフォリオを拡大することで、カスタマー エクスペリエンスが向上し、収益が増加します。

ネットワーク ソリューション

ネットワーク ソリューション

マルチクラウド ネットワークでの堅牢な 5G サービスの提供

5G 通信が登場したことで、世界中のあらゆる業界の企業活動が変革されようとしています。これに伴い、統合された最新のマルチクラウド ネットワークを必要とする、高性能でカスタマイズ可能なサービスが求められています。今こそ、VMware 製品と 5G のテレコムクラウドを活用して顧客との関係を再構築するときです。

RAN の変革によるマルチベンダー イノベーションの実現

5G を活用するには、クラウドが提供する俊敏性、イノベーションの容易さ、低廉なコストが必要です。サービス プロバイダーは、仮想化された RAN を使用して変革をすでに開始しており、幅広いネットワークで効率性を高め、統合型の自動化を実現しています。次の段階では、Open RAN の導入が進むことが予測されます。ベストオブ ブリードのサービスとテクノロジーを活用し、マルチベンダーによるエンドツーエンドのネットワークの自動化を実現することが必要になります。

インテリジェントなプロバイダー エッジによるサービスのカスタマイズと効率性の向上

5G ネットワークの 3 つの基盤(EMBB、mMTC、URLLC)はすべて、エッジでのパフォーマンスを必要とします。パブリッククラウド、プライベートクラウド、テレコム クラウド内のそれぞれの機能を統合すると、高度なエッジによって水平方向のネットワーク ファブリックを定義できます。このファブリックは、ユビキタスな制御と一貫性のあるインフラストラクチャの運用管理により、インテリジェントなネットワークへのよりスマートなエンドポイント アクセスを提供します。水平型プラットフォームを導入することで、インテリジェントなエッジのニーズに基づいてアプリケーションを利用できるようになります。

グローバル通信サービス プロバイダーの上位 20 社中 17 社が VMware のソリューションを採用

Omdia CSP Revenue & Capex Tracker(2020 年第 3 四半期)によると、グローバル通信サービス プロバイダーの上位 20 社のうち 17 社が VMware のお客様であり、これは収益および加入者数ベースで見た場合に 85% の市場シェアになります。

ご興味をお持ちの方はこちら