CSP の 5G トランスフォーメーションの支援

VMware のマルチクラウド プラットフォームを利用することで、クラウドサービス プロバイダー(CSP)はあらゆるアプリケーションをあらゆるクラウドで提供できるようになります。VMware CEO のラグー・ラグラム(Raghu Raghuram)による説明をご覧ください。

MWC 2022 の最新情報

お客様やパートナー向けの最新情報のほか、コア、RAN、エッジ、デバイスなどの製品に関する発表についてご紹介します。

統合アーキテクチャへの移行

サービスにおけるイノベーションの創出は、ここから始まります。統合アーキテクチャによって、ネットワークと運用にスケーラビリティと最先端のパフォーマンスがもたらされます。そしてその結果、俊敏性を高め、管理負担を低減し、顧客の期待を上回るサービスを提供できるようになります。

ネットワークのモダナイゼーション

次世代サービスの実現に向けて、ネットワークを再構築します。

ネットワーク プログラマビリティ

マルチクラウド ネットワークのプログラムを作成し、サービス デリバリを加速させます。

RAN ディスアグリゲーション

ネットワークのファー エッジまで RAN をモダナイズします。

エッジの収益化

データセンターからテレコム エッジまで、アプリケーションを展開できます。

ネットワーク ソリューション

ネットワーク ソリューション

マルチクラウド ネットワークでの堅牢な 5G サービスの提供

5G 通信が登場したことで、世界中のあらゆる業界の企業活動が変革されようとしています。これに伴い、顧客はパフォーマンスの高い、カスタマイズ可能な新しいサービスを求めるようになっています。この期待に応えるには、最新の統合マルチクラウド ネットワークが必要です。今こそ、VMware 製品と 5G テレコム クラウドを活用して顧客との関係を再構築するときです。

RAN の変革によるマルチベンダー イノベーションの実現

5G のメリットを最大限に活かすためには、クラウドが提供する俊敏性、イノベーションの促進、低廉なコストを活用する必要があります。サービス プロバイダーは、仮想化された RAN を使用して変革をすでに開始しており、拡張されたネットワークで効率性を高め、統合型の自動化を推進しています。次の段階では、Open RAN の導入が進むことが予測されます。優れたサービスとテクノロジーを活用し、マルチベンダーによるエンドツーエンドのネットワークの自動化を実現する必要があります。

インテリジェントなプロバイダー エッジによるサービスのカスタマイズと効率性の向上

5G ネットワークの 3 つの基盤(EMBB、mMTC、URLLC)はすべて、エッジでの高パフォーマンスを必要とします。パブリッククラウド、プライベートクラウド、テレコム クラウド内のそれぞれの機能を統合すると、高度なエッジによって水平型のネットワーク ファブリックを定義できます。このファブリックは、ユビキタスな制御と一貫性のあるインフラストラクチャの運用管理が可能なインテリジェントなネットワークへの、よりスマートなエンドポイント アクセスを提供します。水平型プラットフォームを導入することで、インテリジェントなエッジのニーズに基づいてアプリケーションを利用できるようになります。

最新情報

Vodafone の経験から得られたサステナビリティのインサイト

多くの企業にとって、企業としてのサステナビリティ目標は単なるブランディングのための手段ではありません。それは道義上の義務であると同時に、重要なビジネス戦略でもあります。

サービス プロバイダーにおける変革の取り組みに関する電子マガジン

デジタル トランスフォーメーションにおいて優れた成果を収めているサービス プロバイダーの事例をご紹介します。

6G 以降の将来の変化に対応可能なネットワークの構築

5G が全世界に展開されつつある現在、時代はすでに 6G 以降に向けた次の進化を模索する段階に入っています。この状況が通信業界にとってどのような意味を持つのかをご確認ください。

マルチベンダーの CNF の活用に向けた、クラウドネイティブ プラットフォームの機能の評価

クラウドネイティブ テクノロジーについて、導入時の検討事項や要件、もたらされるビジネス価値の詳細を確認して、クラウドネイティブ ソリューションへの投資の指針を得るとともに、変革による目標の達成にお役立てください。

ABI Research が VMware を 5G テレコム クラウドネイティブ プラットフォーム分野で総合リーダーに選出

競合ランキング レポートにおいて、VMware は 5G テレコム クラウドネイティブ プラットフォームの分野で総合リーダー、トップ イノベーター、およびトップ インプリメンターに選出されました。

導入に向けて