VMware Telco Cloud Automation の特長

Telco Cloud Automation は、インフラストラクチャからサービスまで一貫したマルチクラウド運用を可能にします。クラウドスマートなアプローチによってクラウドの進化にまつわる複雑性を解消し、最適化されたネットワーク リソースをオンデマンドで提供するため、運用コストを削減し収益性の高いサービスを強化することが可能になります。

導入期間の短縮

特定のベンダーに依存しない、標準準拠のシンプルな方法でネットワークの機能やサービスを設計し、オンボーディングすることで、ネットワーク サービスを市場に投入するまでの期間を短縮できます。

複雑性の低減

運用プロセスを効率化し、複雑でミスが発生しやすい手作業を排除するほか、効果的かつ動的な PNF/CNF/VNF 管理によって全体的なリソース利用率を最適化します。

クラウドネイティブに対応

CaaS の自動化により、クラウドネイティブ アーキテクチャへシームレスに移行できます。新しい Kubernetes クラスタの登録と作成を Telco Cloud Automation から直接行えるため、作業を簡素化できます。

ネットワークの耐障害性の強化

複数のデータセンターとアベイラビリティ ゾーン全体で、ネットワーク機能とサービス ワークロードの分散を自動化し、最適な耐障害性を実現します。

テレコム クラウドへの対応

VMware® Ready for Telco Cloud プログラムは、Telco Cloud Automation を対象に PNF/CNF/VNF を認定することで、エンドツーエンドでの一貫したソリューションの運用と管理を実現し、相互運用性を高めます。

ネットワーク機能のシームレスな導入

テンプレートの活用、認定パートナーからの新しいテンプレートの取得、シンプルなビジュアル コンポーザーによる独自のテンプレートの作成が可能です。テナントやクラウドをまたいでシームレスに xNF を導入し、インスタンス化することができます。

オーケストレーションの統合

仮想マシンベースおよびコンテナベースのワークロードを導入しオーケストレーションすることで、適応性の高いサービス デリバリを可能にします。パブリック/プライベートクラウドやドメイン間でワークロードを分散させることで、真のネットワーク モダナイゼーションを実現します。

Kubernetes(K8s)の最適化

VMware Telco Cloud Automation の「遅延バインディング」機能により、Kubernetes クラスタの構成時やインスタンス化時に、ネットワーク機能のリソースや運用上の要件に合わせてクラスタが最適化されます。登録された複数のクラウド全体にまたがる 1 つの統合システムで、クラスタを一元的に管理することができます。

オーケストレーションの効率化

VMware テクノロジーへの統合により、オーケストレーションまでの時間を短縮します。独自のマルチ VIM/K8s およびマルチクラウド機能を利用できるため、複雑なインテグレーションを伴うプロジェクトを効率的な製品展開へと変革させることが可能です。

ネットワーク スライシングの管理

共通のインフラストラクチャ上で動作する、分離されたエンドツーエンドの論理ネットワークをオンデマンドで構築できます。特定のビジネス上の目的に合わせてネットワークをプログラムし、QoS 指標やセキュリティ要件を含む SLA を満たすことができます。

導入時から導入後までの運用の自動化

インフラストラクチャからネットワーク サービスに至るまでのライフサイクル管理により、マルチクラウドおよびクラウドネイティブの俊敏性を運用プロセスにもたらします。

テレコム クラウドの拡張を自動化

マルチレイヤーの自動化機能を利用して、新しいネットワーク サイトを構築できます。展開テンプレートと CaaS の自動化により、既存サイトの容量を拡張したり新規サイトを構築したりする際の作業の複雑さが軽減され、所要時間も短縮されます。

カスタマー エクスペリエンスの向上

柔軟性と耐障害性に優れたサービスによってカスタマー エクスペリエンスを向上させます。リアルタイムの意思決定機能とクラウドに対する包括的な認識機能を組み合わせることで、クローズドループ型の最適な管理を可能にし、サービス品質(QoS)を高めます。

シンプルな相互運用性

モジュール方式のモデル ベース ソリューションとして構築された G-VNFM および NFVO コンポーネントは、SOL に準拠した ETSI MANO、3GPP、O-RAN のアーキテクチャと統合できます。

Telco Cloud Automation のメリット

VMware Telco Cloud Automation は、特定のベンダーに依存しないクラウドスマートなアプローチにより、テレコム ネットワークのオーケストレーションと自動化を実現します。そのため、相互運用が容易になり、マルチクラウド エコシステムをテレコム要件に基づいて迅速に進化させることができます。
VMware Telco Cloud Automation のメリット

ACG が実施した調査によると、水平型のインフラストラクチャを備えた VMware Telco Cloud Automation の主なメリットは次のとおりです。

 

  • 5 年間で 344% の ROI を達成、総所有コスト(TCO)を 23% 削減
  • サービス開発および市場投入までの期間を短縮
  • 運用コストを 38% 削減
  • 統合型のオーケストレーションと自動化

あらゆるネットワークに対応する自動化/オーケストレーション プラットフォーム

VMware Telco Cloud Automation は、どのようなネットワーク成熟度のサービス プロバイダーにも対応できる、マルチレイヤー、マルチドメインの自動化/オーケストレーション プラットフォームとして機能します。
あらゆるネットワークに対応する自動化/オーケストレーション プラットフォーム

VanillaPlus が Telco Cloud Automation に注目

VMware Telco Cloud Automation は将来の要件への対応を可能にするだけでなく、4G をベースとした今日のさまざまな要件に対応するためのエンドツーエンドの自動化機能も提供します。

機能

5G 対応のマルチクラウド ターンキー アーキテクチャ

NFVO、Generic VNF Manager(G-VNFM)、CaaS、マルチクラウド管理機能がパッケージ化され、VMware Telco Cloud Infrastructure にあらかじめ統合されています。

マルチクラウド/ハイブリッドクラウドへの配置

AWS の EKS を含むさまざまなドメインやクラウドにおける、複雑な PNF/CNF/VNF/NS インスタンスの展開と管理のユースケースをサポートします。

導入の簡素化

オープン スタンダードを利用したディスクリプター テンプレートを統合することで、時間のかかるネットワーク機能とサービスのオンボーディング サイクルを加速します。

インフラストラクチャの自動化

新規サイトでのソフトウェアのプロビジョニングや、既存サイトへのコンピューティング キャパシティの追加を自動化することで、ネットワークの拡張を加速します。

標準ベースの相互運用性

オープン SOL および Kubernetes の標準インターフェイスを利用した ETSI-MANO/CNCF 準拠のアーキテクチャにより、ベンダーに依存しない相互運用性を実現します。

インテントベースの配置

ネットワーク機能の要件とクラウド機能に基づいて、ワークロードの最適な配置が自動的に推奨されます。

プログラム可能な自動化

ネットワーク機能とネットワーク サービスのライフサイクル全体を対象に、単純なルールから複雑なルールまで、幅広いルールをクローズド ループ ポリシーに設定することで、自動運用の動作をカスタマイズできます。

ネットワーク スライシングの管理

CSMF、NSMF、NSSMF のコンポーネントを利用して、RAN、エッジ、コア、トランスポートの全ネットワーク ドメインに及ぶエンドツーエンドのネットワーク スライスを計画、設計、インスタンス化できます。

CI/CD の統合

API を単一の統合ポイントとして利用し、CSP の既存の DevOps 手法や継続的インテグレーション/継続的デプロイメント(CI/CD)ツールを統合します。

ネットワーク機能の統合管理

物理ネットワーク、仮想ネットワーク、クラウドネイティブのネットワークの機能をシームレスに管理できます。

強力なビジュアル コンポーザー

ビジュアル コンポーザーの直感的なインターフェイスを使用すると、独自のマルチベンダー ネットワーク サービスや PNF/CNF/VNF のディスクリプターを作成できます。

マルチ VIM および Kubernetes クラスタの管理

マルチ VIM および Kubernetes クラスタの自動検出によって容易な登録を実現。インフラストラクチャからオーケストレーションへの継続的な同期も可能です。

CaaS(サービスとしてのコンテナ)の自動化

既存の Kubernetes クラスタを登録したり、新しい Kubernetes クラスタを作成したりできるほか、ネットワーク機能の要件に基づいてクラスタ構成を自動的に調整できます。

エンドツーエンドの可視化

PNF/CNF/VNF/EMS および VIM/CaaS/NFVI の障害管理とパフォーマンス管理(FM/PM)を一元化することで、ポリシー、ワークフロー、保証を強化します。

パートナー

Ready for Telco Cloud パートナー プログラム

VMware は主要なすべての NEP を含む xNF ベンダーと協業し、パートナーのソリューションを VMware Ready for Telco Cloud プログラムで認定しています。これは、サードパーティが開発した xNF 間の相互運用性と運用可能性を保証するプログラムです。VMware Telco Cloud Automation は、このプログラムを利用してネットワーク機能ベンダーの相互運用性を保証し、特定のベンダーに依存しない、事前テスト済みのエンドツーエンド MANO ソリューションを提供します。

FAQ

VMware Telco Cloud Automation は、ネットワーク スライスからネットワーク サービス、ネットワーク機能、CaaS やインフラストラクチャに至るまでのテレコム クラウド全体を対象に、統合されたマルチクラウドかつマルチドメインの自動化機能を通じて、サービスの展開を加速し、運用の俊敏性を向上させる自動化プラットフォームです。

ネットワーク機能やネットワーク サービスの数は飛躍的に増加しています。同時にそうしたアプリケーションは新たなベンダーの多様化によって複雑さを増しており、複数の形式(仮想ネットワーク機能やクラウドネイティブのネットワーク機能)のアプリケーションが、異なるインフラストラクチャを実行するさまざまなクラウドでインスタンス化され管理されています。このような複雑化は、標準的なインフラストラクチャ管理の機能を超えるオーケストレーション機能と自動化機能によって管理する必要があります。4G ベースのネットワーク機能と、ネットワーク スライシングやエッジ コンピューティングなどの 5G ネットワーク機能のすべてを真に有効活用するには、テレコム クラウドのオーケストレーションと自動化が必要になります。CSP がこうした機能を導入すれば、ただちにメリットを得られるだけでなく、仮想化環境の拡大とともにそのメリットはさらに大きくなります。一方、ネットワークのオーケストレーションと自動化に二の足を踏んでいる CSP は、収益を創出するチャンスを失い、コストと複雑さの増大に直面することになってしまいます。このようなことから、2024 年までに全世界のサービス オーケストレーション市場は 19 億ドル規模に達し、複合年間成長率(CAGR)93.2% を記録すると Appledore Research が予想しているのも不思議ではありません。

自動化とオーケストレーションのための効果的なソリューションを開発するには、世界中の CSP のネットワーク成熟度がそれぞれ異なることを念頭に置く必要があります。そのため Telco Cloud Automation は、VNF ベースの 4G ネットワークを管理できるだけでなく、CNF ベースの 5G ネットワークへの移行も支援しており、すでにクラウドネイティブの 5G ネットワークを運用しているお客様に対しては、新たな収益源を創出するためネットワーク スライシングなどの最先端の自動化機能もサポートしています。

VMware Telco Cloud Automation はアプリケーションやサービスの設計、オンボーディング、管理を行うためのものですが、VIM は基盤となるインフラストラクチャ レイヤーを管理します。Telco Cloud Automation はアプリケーションをインフラストラクチャから分離する一方、複数の VIM、Kubernetes、サイト、テナントを対象に、複雑なネットワーク サービスを設計、オンボーディング、管理する機能を提供します。

VMware Telco Cloud Automation がサポートするネットワーク サービスの種類に制限はありません。一般的なサービスには、モバイル コア(LTE/5G)、高度なマルチメディア サービス、MPN、VoLTE、VoWIFI、SD-WAN/uCPE、Private LTE、vRAN などがあります。

VMware Telco Cloud Automation は、人間からとシステムからの両方のトリガーに対応し、ネットワーク機能とネットワーク サービスのためのワークフローとポリシーを自動化します。これには xNF の導入時から運用までのライフサイクル管理が含まれます。このソリューションはまた、インフラストラクチャ、CaaS の自動化、ネットワーク スライシングの管理もサポートしています。

VMware Telco Cloud Automation はオンプレミスに展開されます。

CaaS Automation を使用すると、マルチクラウド環境を含むテレコム クラウド全体を対象に、Kubernetes クラスタ(ワーカー ノード/管理ノード)をテンプレートに基づいて一元的に作成、管理できます。さらに、Telco Cloud Automation で CaaS Automation を使用することで、インスタンス化の際にクラウドネイティブなネットワーク機能の特性に合わせて Kubernetes クラスタ構成を最適化できます。この特殊化(最適化)はクラスタの使用時に初めて実際に適用される(「遅延バインディング」)ため、クラスタの一貫性が向上し、インフラストラクチャ リソースの利用率も最適化されます(「遅延バインディング」の詳細はこちらのブログを参照)。

VMware Telco Cloud Automation は、Generic VNF Manager(G-VNFM)および NFV/クラウド ドメインのオーケストレーション機能を提供します。サポート対象のインターフェイスについては、「リソース」セクションのデータシートをご覧ください。

VMware Telco Cloud Automation は、あらゆるフォーマット(物理、仮想、クラウドネイティブ)、あらゆるベンダー(SOL001/004 準拠)のネットワーク機能のオーケストレーションと自動化をサポートしています。

はい、VMware Telco Cloud Automation はコア、エッジ、RAN を含む仮想ドメイン全体に、オーケストレーションと自動化の機能を提供します。

Network Slicing for VMware Telco Cloud Automation は、通信サービス管理機能(CSMF)、ドメイン レベルのネットワーク スライシング サブネット管理機能(NSSMF)、そしてクロスドメインのネットワーク スライシング管理機能(NSMF)をサポートしています。ドメインおよびクロスドメインのレベルでネットワーク スライシングのオーケストレーションをサポートする Telco Cloud Automation は、インフラストラクチャのライフサイクルからアプリケーションやサービスのレベルまでを制御する集中管理コンポーネントとして機能します。これを利用することで、コストのかかる統合に投資することなく、ネットワーク自動化のレベルを拡張することができます。

Kubernetes は、エンタープライズ アプリケーションや消費者向けアプリケーションのコンテナ管理用に作成されたものであり、通信業界における多くのキャリアグレードの要件や標準(例:ETSI-MANO や、OSS/保証システム/EMS/アプリケーションなどのサードパーティー製コンポーネントとの統合)にはデフォルトで準拠していません。Telco Cloud Automation は、標準の Kubernetes を拡張してサービス プロバイダーのクラウドネイティブ要件に適合させるための単一のアプローチを提供するだけでなく、サービス プロバイダーが Kubernetes をシンプルに利用できるようにするための抽象化レイヤーも提供します。

ご興味をお持ちの方はこちら