最新のネットワーク自動化のためのネットワーク スライシング

VMware のソリューションを活用するネットワーク スライシングでは、単一の共有ネットワークを利用する方法とは異なり、物理インフラストラクチャを分割(スライス)することで、個々に分離され独立した、プログラムによって制御可能な仮想ネットワークを構築します。これにより、顧客のユースケースのそれぞれに固有の接続要件に対応することができます。

新しいタイプのモバイル サービスの構築

mMTC、URLLC、EMBB などの新しいタイプのサービスを構築し、収益を拡大できます。

ユースケースに応じたネットワークのプログラミング

あらゆるユースケースに 1 つのモデルで対応する従来の汎用的アプローチとは異なり、ユースケースやビジネス チャンスに応じてネットワーク リソースをセグメント化して有効利用できます。

カスタマー エクスペリエンスの向上

すべてのネットワーク ドメインにわたって各サービスのサービス品質(QoS)要件を継続的に監視し、問題を修正して顧客との間のサービス レベル アグリーメント(SLA)達成を確保します。

オンデマンドのネットワーク リソース

ネットワーク リソースのプロビジョニングを抽象化することで、法人向けネットワークの運用を効率化します。

成功を促進するトップクラスの製品

インフラストラクチャの仮想化包括的なオーケストレーションなどの機能を提供する、業界をリードする VMware のネットワーク スライシング管理製品との統合により、ビジネスの成功に向けて、他社とは一線を画する優位性を確立できます。

VMware Telco Cloud Automation

エンドツーエンドのネットワークを自動化します。

VMware Tanzu

アプリケーションとインフラストラクチャをモダン化し、高品質なソフトウェアを継続的に本番環境に提供できます。

Telco Cloud Service Assurance

お客様中心の運用を簡素化できます。

VMware Telco Cloud Platform

水平型のクラウドネイティブ プラットフォームを構築できます。

サービス プロバイダーにとってのメリット

目的に特化したネットワーク オーバーレイ

エンドツーエンドの論理ネットワーク スライスを構築することで、必要に応じたネットワーク仕様を提供し、顧客の SLA を上回る成果を達成できるようになります。

ネットワーク スライス サブネット管理機能

ネットワーク ドメイン内のネットワーク スライス サブネットのライフサイクルを管理します。NSMF のライフサイクル管理コマンド(インスタンス化、拡張、修復、運用終了)を利用できます。

通信サービス管理機能

サービス オーダー管理と運用サポート システム(OSS)のためのインターフェイスを確立します。

オーケストレーションと自動化の統合

ネットワーク スライシングの機能を VMware Telco Cloud Automation と組み合わせることで、すべてのネットワーク ドメインにわたる包括的なネットワーク リソースの自動化を実現できます。

ネットワーク スライス管理機能(NSMF)

RAN、5G コア、トランスポートの全ネットワーク ドメインを含むエンドツーエンドのスライスのライフサイクルを管理します。

規格に準拠した製品中心のアプローチ

VMware のネットワーク スライシング ソリューションは 3GPP 規格に準拠しており、VMware Telco Cloud Platform のほかのコンポーネントと事前統合されたソリューションとして提供されます。

関連リソース

ネットワーク スライシングに関するブログ

ネットワーク スライシング管理ソリューションの展開に関する VMware のビジョンや、通信事業者やその顧客にもたらされるメリットについてご紹介するブログをお読みください。

Telco Cloud Automation 2.0 の最新情報

ネットワーク スライシングの詳細と、VMware の MANO 製品の最新リリースである Telco Cloud Automation 2.0 においてネットワーク スライシングがどのように重要な機能として位置付けられているかについての解説をご覧ください。

FAQ

ネットワーク スライシングに関する FAQ とその他の情報をご確認ください。

ネットワーク スライシングとは、物理インフラストラクチャを分割することで、個々に分離され独立した、カスタマイズされた仮想ネットワークを構築し、各顧客に固有の接続要件への対応を可能にする技術です。

2025 年までに、スライシングの活用に基づく収益の市場規模は 450 億ドルに成長すると予測されています。2030 年までにはこの市場規模は約 2,000 億ドルまで拡大し、年間成長率は 36% に達すると見込まれます。ネットワーク スライシングは、2030 年までにサービス プロバイダーの 5G による収益の約 30% を占めるようになると言われています。

ネットワーク スライシングは 5G ネットワークにのみ適用可能です。また、ネットワーク スライシングに関する 3GPP 規格に準拠したネットワーク機能が必要です。

ネットワーク スライシングは、ネットワーク リソースを抽象化し、すべてのドメインとクラウドにオンデマンドで提供するという VMware のビジョンにおける重要な要素です。ネットワーク スライシングでは、コア、エッジ、RAN において VMware が現在提供しているすべての自動化機能(ネットワーク サービス、ネットワーク機能、CaaS、インフラストラクチャが対象)を活用します。

導入に向けて