エンタープライズ エッジにおけるプライベート 5G の提供

デジタル トランスフォーメーションに取り組む企業は、複数のクラウドにわたり一貫性のあるインフラストラクチャと運用を実現し、エッジ コンピューティングのパワーを活用するとともに、プライベート モバイル ネットワークのメリットを利用できます。

柔軟なオペレーティング モデル

VMware Edge Compute Stack を導入し、RAN/コア プロバイダーを選択することで、取り組みを開始できます。また、VMware 認定ソリューションを利用することで、相互運用性を確保しつつ展開を高速化することもできます。

プライベート接続とエッジ コンピューティングの統合

VMware Edge Compute Stack を基盤とするプライベート 5G ソリューションにより、エッジネイティブ アプリケーションのモダナイゼーションと保護を行って、複数のクラウドにわたり一貫性のあるインフラストラクチャと運用を実現し、エッジ コンピューティングのパワーを活用できます。

マルチベンダーによる最適なソリューション

複数のベンダーのソリューションを組み合わせて利用することで、高い柔軟性、イノベーション、ベンダーの最適化を実現します。厳選された統合ソリューションにより、最適なサービスを提供できます。

セキュリティファースト

ネットワークの潜在的な脆弱性を低減し、サイバー攻撃がプライベート モバイル ネットワークの運用環境にもたらす脅威を制限します。すべてのデータ トラフィックと情報をお客様が所有、管理し、脅威から確実に保護できます。

関連リソース

テレコム エッジ インフラストラクチャの構築

エッジ インフラストラクチャを導入する通信事業者が増えています。STL Partners によるこのレポートでは、エッジ インフラストラクチャへの投資を検討する際の 5 つの重要なステップを紹介します。

プライベート 5G モバイル ネットワーク

ASOCS と VMware が提供するプライベート モバイル ネットワーク ソリューションは、セキュアで高速、かつ信頼性の高い 5G 接続に欠かせない重要なエンタープライズ要件を満たします。

マルチアクセス エッジ コンピューティング(MEC)

テレコム エッジの効率的で信頼性に優れたコンピュート能力と、分散型アーキテクチャにより、必要な処理をエッジでリアルタイムで実行できるようにします。

導入に向けて